舞台DVD高価買取の秘訣

どっちがいい?DVDを売る方法

演劇や舞台のDVDを買ったけれども、もう見ないという人もいるのではないでしょうか。
不要なDVDは売るのがおすすめなのですが、その際は主に、買取業者を利用するあるいはフリマアプリやネットオークションを利用するという2つの方法があります。

買取業者を利用するメリット・デメリット

まず業者に買取を依頼する場合のメリットは、簡単・スピーディな点が挙げられます。
店舗型の業者もありますが、現在主流はインターネット買取です。
ネット上にはたくさんの買取業者があり、申し込みをすれば簡単に査定及び買取を行なってくれますし振り込みもスピーディです。
買取方法も出張買取や宅配買取などがあるので、自分に合った業者を選べばOKです。
デメリットとすれば、買取金額を決めるのは業者側ですから思ったような買取金額にならない場合がある点が挙げられるかもしれません。
そんな場合は複数の業者に査定見積もりを依頼して、その中から最も高値で買取してくれるところを選べばいいでしょう。

フリマアプリやネットオークションを利用するメリット・デメリット

フリマアプリやネットオークションで売る際の最大のメリットは、値段を自分で決めることができる点でしょう。
場合によっては購入したときの価格より高く売れる可能性もありますし、思った以上の値段で買い手がつくこともあるかもしれません。
ただデメリットも存在します。
まず、確実に売れるという保証がないこと、また売れたとしてもいつになるかわからないという点です。
人気のあるDVDでなければ欲しい人は少ないでしょうし、人気があっても市場に出回っている数が多ければなかなか買い手がつかない場合もあるでしょう。
また、出品の際には写真や品物も説明などの情報を提供する必要がありますし、購入してくれた人には送付手続きや代金のやりとりなどの手間が発生します。
さらに、品物に対するクレームや代金支払いのトラブルなどの可能性も否定できません。

コメントする